セーレングループに「加工糸」と「サイジング」技術で新しい付加価値を創造。

ニュースNews

2019年10月8日
お知らせ

KBセーレン・DTY株式会社 ホームページ開設

2019年4月1日
お知らせ

KBセーレン・DTY株式会社 設立

Company企業情報

会社概要

KBセーレン・DTY株式会社


事業内容
仮撚加工糸製造、合繊サイジング
設  立
2019年 4月1日
資 本 金
6500万円
開  場
1963年(昭和38年)1月
敷  地
13,061㎡

KBセーレン・DTY株式会社/
福井県福井市下六条町第13号23号地 
TEL(0776)41-1231(代) 
FAX (0776)41-3315

Greeting代表挨拶

代表取締役社長:寺前 勝基

KBセーレン・DTYのホームページにアクセス頂きありがとうございます。
当社は総合繊維メーカーKBセーレンの仮撚及びサイジング工程を担っております。

KBセーレン北陸合繊工場で生産した糸を、より差別化された素材にするため、繊維に付加価値を付けています。
また、セーレングループの一員となったことにより、自主性・責任感・使命感を持ち、【提案する仕事】を
心掛けていきます。従来の素材に関しては現状のクオリティに満足せずに改善を行い価値を高める、
また、未来に向けて新しいことにチャレンジし、「継続」と更なる「改革」で新しい素材・商品・価値を生み出して
まいります。我々が加工した素材が、世の中のお役に立てましたら幸いです。

Strong Point強み

仮撚加工

仮撚加工とは

ポリエステル、ナイロン繊維に嵩高性を持たせるために一旦仮に撚を掛けた糸に熱を加え、再び撚を戻す加工。

  • 糸にふんわりと柔らかい風合いを加える
  • 均染色性の向上、色ムラの軽減
  • 強度および伸縮性・弾力性の向上
用途
衣料資材から産業資材へ
従来の衣料用途中心から、
自動車関連素材など産業資材ヘ
フリクション仮撚とは

フリクションディスクに原糸を接触させて加撚させる仮撚方式。高速で大量生産が可能。

製法 糸形態の変化 形態変化による効果
ヒ 1


  • 嵩高性発現
  • 伸縮性発現
  • トルク発現
  • ボリューム感、ウォーム感、保湿性の付与
  • フィット性付与、着用感の向上
  • 風合いの改善、目面の改善、シボ効果
  • 合繊特有のヌメリ感、金属質光沢の解消
ヒ 2


  • 嵩高性アップ
  • 伸縮性、熱収縮率の低減
  • トルクの減少
  • 風合いの改良、ソフト感向上
  • 目面の改善、寸法安定性の向上
  • 加工糸使用性の改善、バイアス軽減

1段ヒーター 2段ヒーター





  • 嵩高性発現
  • 伸縮性発現
  • トルク発現
  • 嵩高性アップ
  • 伸縮性、熱収縮率の低減
  • トルクの減少








  • ボリューム感、ウォーム感、保湿性の付与
  • フィット性付与、着用感の向上
  • 風合いの改善、目面の改善、シボ効果
  • 合繊特有のヌメリ感、金属質光沢の解消
  • 風合いの改良、ソフト感向上
  • 目面の改善、寸法安定性の向上
  • 加工糸使用性の改善、バイアス軽減
強み
複合仮撚対応
性質の異なる糸を合わせて、
独特の風合いや意匠性を表現することが可能。
  1. 複数本の供給糸を引き揃えて供給ローラに送り込み複数本同時加工する
    引揃仮撚加工方法
  2. 仮撚加工されている糸に対し、その仮撚領域に別の供給糸が送り込まれ引き揃えて仮撚加工する同時仮撚加工方法
  3. 別々に仮撚加工された糸を複合する仮撚双糸加工方法

Process製造工程

仮撚加工糸製造工程

繊維に嵩高性を持たせるため、
一旦仮に撚を掛けた糸に熱を加え、
また撚を戻す加工

  1. 1
    原糸
    原料となるPOY(未延伸糸)、
    FDY(延伸糸)をクリルに
    掛けていきます。
  2. 2
    仮撚加工
    糸を延伸し撚を加えて
    乾熱で
    セットをします。
    その後、撚を
    解いて巻き取ります。
  3. 3
    筒 編
    糸を筒状に編み立てます。
  4. 4
    試 染
    筒状に編み立てた糸を
    染色します。
  5. 5
    染検検査
    目視にて検査、品位確認。
    染色性に従い
    M、L、Dに区分します。
  6. 6
    外観検査
    重量、毛羽、汚れ、形状の
    品質検査を
    します。
  7. 7
    梱 包
    検査基準を満たした加工糸を
    計量し
    梱包します。

サイジング工程

織物の経糸を製織できる状態にし、
かつ経糸の品質品位を損なわずに
製織性を向上させる

  1. 1

    原料受入

  2. 2
    整経準備
    機械に糸を掛けていきます。
  3. 3
    ワーパー
    張力を一律にし糸道をまっすぐに
    して
    毛羽を除去します。
  4. 4
    サイザー
    張力を一律にし均一に
    熱収縮を与え、
    糊の付着量を一定にします。
  5. 5
    ビーミング
    張力を一律にし糸道を
    まっすぐにして
    幅を合わせます。